日本ロレックスのオーバーホール料金をチェック!信頼できる所を選ぶ

宝飾品を作り直すなら

アクセサリー

ジュエリーのリフォームは希望のデザインによって宝石を足したり、地金の変更なども出来ます。オーダーメイドと同じで自由度が高いですが、それよりも持ち込むジュエリーの分だけ安く作る事が出来ますからお勧めです。

時計を長持ちさせるには

腕時計

高級時計であるロレックスを長持ちさせるには、定期的なオーバーホールが必要になります。オーバーホールとは時計を分解し、そのまま点検や修理、清掃を行うことで、これをしなければ内部のパーツが劣化し内部パーツの交換が必要になります。

国内でのロレックス修理

時計

部品の長期保管で人気

ロレックスの時計を使うにあたって欠かすことができないのが、定期的なオーバーホールです。オーバーホールとは時計のメンテナンス作業のことであり、部品に溜まった汚れを落したり、不具合が生じた部品を交換したりする作業を指し示しています。ロレックスの時計はいわゆる機械式時計であるため、正確に時間を刻み続けさせるためには、このオーバーホールを少なくても五年一度ほどは行うことが強く推奨されています。そんなオーバーホールを日本国内で行うにあたっては、日本ロレックスの修理窓口に依頼を行うのか、あるいは街の時計屋に依頼をするのかという選択肢があります。人気を集めているのが、日本ロレックスに依頼をする方法です。日本ロレックスに依頼をした方が、街の時計屋に依頼をするよりも、オーバーホールの料金は高額になる傾向があるにもかかわらず日本ロレックスの方が人気の理由、それは、日本ロレックスでは製造が中止された後にも、30年という長期に渡って、各部品が長期保管されていることが関係しています。これが料金の違いを帳消しにするメリットになっているのです。

売却時の価値を高める

ロレックスの腕時計は、中古市場においても非常に高い人気を誇っており、高額買取をしてもらうことが可能であることでも知られています。しかし、高額で買い取ってもらうためには、傷や汚れなどがない綺麗な状態であることはもちろんのこと、使われている部品が正規の部品であることも重要なポイントになっています。つまり、日本ロレックスにオーバーホールを依頼すれば、その点に心配する必要がなくなるのです。いずれは売却することを想定しているのであれば、目先の料金の違いにとらわれて街の時計屋を選んでしまい、正規の部品以外と交換されてしまうことがないように、注意しておくといいでしょう。また料金を抑えるためにも、故障してからオーバーホールに出すのではなく、定期的なメンテナンスとして、決まった周期でオーバーホールを行った方が、かえって料金は安くすむケースが多くなっています。

なぜ必要なのか

ウォッチ

ロレックスをオーバーホールする意味は費用を抑えるためでもあって、こまめに注油しておくことで高価な部品の交換を避けられるのです。正規輸入店にお願いしておくと、細かくチェックしてくれますし、破損などの事態を避けられます。

このエントリーをはてなブックマークに追加